IREM JAPAN
トップ > IREMについて・一般のお客様向け
IREMについて




IREM本部
IREMJAPAN入会申し込み
セミナー案内

 

 

 

イベントレポートトップページへ


IREM Education Conference 2005年 in Scottsdale

2005年11月17日より19日の3日間 アリゾナ州のスコッツデールの
The Westin kierland Resort & spaにて開催されました。
アリゾナ州はグランドキャニオンや昨年田臥選手が加入したNBAバスケットチーム・フェニックスサンズの本拠地のある州で、カルフォルニア州の隣に位置します。スコッツデールはロサンゼルスからフェニックスまで飛行機で約1時間、空港からタクシーで約30分位の距離にありアメリカの高級リゾート地で高所得者の避寒地として、またメジャーリーグのキャンプ地としても有名です。
今年のカンファレンスは、そのスコッツデールで開催されました。
2005年IREM JAPANの坂部会長とともにCPMR8人を含める16人のメンバーで参加しました。
本年インターナショナルアフェアコミティでは、TONY会長やIREMスタッフが国際委員会メンバー国を訪問した報告、チリのカルロス氏よりコンドミニアムの資格を作ってほしいとの提案等がありました。また、山本ファカルティがインターナショナルアフェアコミティの副議長に指名されました。
カンファレンスは、よりタイムリーな知識や能力を付けるためのいろいろなセミナーやセッション、プロパティツアー、また親睦を深めるためのゴルフコンペ等も行われ、日本支部のメンバーは各自の参加目的の達成のために積極的に行動していました。
今回のカンファレンスは4月のワシントンサミットとは違い世界の不動産管理の人たちが介するのでにぎやかでお祭り色はありますが、逆にいろいろな情報を得るには最高のカンファレンスです。世界の同じ職種の人と知り合え、またお互いに言葉が通じないこともありますが、お互いの気持ちで会話するので良い友人ができます。
最終日には、総会と会長交代式のガラパーティが行われ、総会では山本ファカルティが国際委員会の代表として報告を行いました。その際にインターナショナルアフェアコミティでカルロス氏より提案された件につき、インターナショナルコミティとメンバーシップコミティと合同で詳細を打ち合わせて提案書を作成することを提議し、承認を得ました。もちろん山本ファカルティのスピーチはすべて英語で、笑いも取るほどの良いスピーチでした。
パーティはビートルズのコピーバンドのライブに合わせたダンスパーティとなり、文化の違いを感じましたが、日本からの参加メンバーはダンスをしたり、友好を深めるための名刺交換をしたりとパーティを楽しんでいました。
来年の総会は10月にフロリダ州のタンパで開催されます。来年は、不動産管理に携わっている方たちとともに見識や技術能力を広げるために、日本の多くの不動産管理の仲間と参加したいと思います。