東日本支部主催セミナー

地域密着の管理会社が管理戸数を増加させる方法とは!?

地域密着型の不動産業として創業49年。歴史があるからこそ確立できるスタイル、歴史があるからこそ変革しにくいスタイル=昔からのオーナーから期待されること。

地域のオーナーとウェットな関係であり続けながら、企業としていかに組織化できるか。

大手管理会社と渡り合う為に、やるべき組織改革と社員教育。

小菅不動産は地味な会社であるが、地味な会社こそ変化し続ける必要がある。

賃貸経営コンサル、相続コンサル、建築コンサル、収益売買コンサルをいかにアピールし、相談を受けるか。

失敗例を交えてお話します。

講師 
小菅 貴春
株式会社小菅不動産 代表取締役

(公財)日本賃貸住宅管理協会 神奈川県支部役員
(公財)日本賃貸住宅管理協会 相続支援研究会委員
全国賃貸管理ビジネス協会 南関東ブロック役員
全国賃貸管理ビジネス協会 2014年経営マインド21部会部会長

CPM® (米国公認不動産経営管理士)
上級相続支援コンサルタント
不動産コンサルティングマスター
宅地建物取引士
賃貸住宅経営管理士
損害保険上級資格
生命保険募集人資格

日時: 2017年9月14日(木)
18:00~19:30(受付は17:30より)
会場: IREM JAPAN セミナールーム

〒108-0074 
東京都港区高輪二丁目15番19号 
高輪明光ビル2階


セミナー費用: 3,000円
懇親会: 5,000円
定員: 50名
申込期限: 9月13日(水)

受付を終了いたしました。


【問い合わせ窓口】
IREMJAPAN事務局
東京都港区高輪二丁目15番19号高輪明光ビル2階
TEL 03-5422-8404 FAX 03-3446ー2767 
メール npo@irem-japan.org